R-TIME’S
04
立教大学 理学部 化学科4年
石飛天音さん
コロナ禍での
就職活動

「理系らしくないリケジョ」を
キャッチフレーズに内定を得る

「理系らしくないリケジョ」を
キャッチフレーズに内定を得る

R-TIME’S
04

「理系らしくないリケジョ」を
キャッチフレーズに内定を得る

理系以外のことも学べるリベラルアーツにあこがれて

私が所属する化学科は1学年80人くらいで、高校で言えば2クラス分程度。必修科目はその人数で受けることが多く、すぐに仲良くなれました。高校の理系クラスより女子の割合が多かったのもうれしかったですね。1年次の実験は週1で行われ、2年次は週2。毎回レポートにまとめて提出する必要があり苦労しましたが、レポートに対して先生が1対1で面談してコメントをくれます。マンツーマンで毎週面談というのは、理系大学の中では珍しいと思いますが、そのおかげで、実験結果を考察する習慣が身につきました。これは、日常生活でも困難や失敗を克服し、改善方法を模索する力として役立っていると思います。こうした実験の積み重ねを経て、現在は分析化学の研究室に所属し、クラウンエーテルという有機化合物の相互作用時の速度解析をテーマに卒業論文に取り組んでいる最中です。

実験で身につけた論理的思考力を面接で発揮

化学科は自宅でも常に勉強が必要なほどタスクが多く大変ですが、私はフットサル・サークルやアパレルでのアルバイトにも励み、人とのコミュニケーションを大切にしてきました。そんな私が就職活動を意識するようになったのは、3年次の6月頃。大学のキャリアセンター主催の就活セミナーに参加したことがきっかけでした。就職活動の概要を教わり、さっそく大手就活サイトに登録したり、インターンシップを募集している企業にエントリーシートを出したり、最初はとにかくいろんな業界を見てみようと思いました。そのため、インターンシップは1DAYを中心に、長くても3日〜5日の短期間のものを20社ほど体験。結果として、自分の興味がどこにあるのかを分析することができました。結果、保険や金融などの無形商材を扱う企業よりも、自分が売っているものを実際に使っている姿を見られるメーカーの営業が自分の進みたい道だとわかったのです。

就職活動中の私のキャッチフレーズは「理系らしくないリケジョ」でした。理系に対して「専門オタクで暗い」というイメージを持つ人もいますが、化学科での実験レポートで培った論理性を武器にしながら、一方でサークル活動やアルバイトで得たコミュニケーション能力と明るさをアピールしたのです。それが功を奏して、ベビー用品メーカーで内定をいただきました。スキンケア商品の取り扱いがあるため、面接では化学の知識を活かした営業ができることも強調しました。もちろん、初めから面接をうまくできたわけではありません。最初に受けた企業は、質問されたことに答えているつもりでも、そのうち何を話しているのか自分でもわからなくなったり…。そこからキャリアセンターに相談し、面接の練習をするようになりました。アドバイスされたのは、質問に対する結論を答えてから理由を説明すること。その練習をすることで、論理的思考力やコミュニケーション能力など、自分の持ち味をしっかり活かせるようになりました。

ちょうどコロナ禍が本格化し始めた時期で、キャリアセンターでの面接の練習はすべてオンラインでしたが、実際の就職活動もメールでのやりとりやオンラインでの面接が多かったため、良いシミュレーションになったと思います。実際に企業の方とお会いするチャンスがあまりなかったので、質問リストを作ってメールで送ったりしましたが、それに一番真摯に答えてくれたのが内定先の企業でした。コロナの影響で面接が延期されることも多かったのですが、内定先はその間も音信不通にせず、同社の企業理念にある「愛」と同じ温かさを感じました。企業によってコロナ禍での対応の差は大きく、志望先を絞り込むポイントとなったと思います。

大学の立地のよさで、就職活動の大変さも軽減

大学では、高校の時以上に多様な人と出会う機会があります。特に立教大学の理学部は、文系と同じキャンパスにあるため、コミュニケーションの幅が広がりました。私の就職活動は、文系の学生が志望する方面と重なっていたため、文系の学生と情報交換しやすかったことでも支えられました。

立教大学は都心にあり、池袋駅から近いため、立地のよさが自慢です。就職活動も定期券の範囲で行ける企業が多いので、交通費もあまりかからず助かりました。キャンパスの外に出れば、おしゃれなランチができるお店もたくさん。高校生のみなさんは、コロナ禍での受験はとても大変だと思います。けれど、大学選びは将来につながる大事な選択の一つなので、よく吟味して決めてほしいと思います。その結果、立教大学を選んでくれたなら、多彩な学びの中でやりたいことを見つけることができるはずです。

一覧に戻る